Menu

見た目が改善される

女の人

業者ならキレイにできる

日本もいくら洋風になりつつあるとはいえ、まだまだ和風を取り残している家はたくさんあります。戸建てにしても一部屋くらいは和室を設けているところはあるはずです。和室には障子がつきもなので、張替えをすることもあるでしょう。障子紙やノリがあれば誰でも張替えられます。しかし、初めて行なうには難しいかもしれません。ピンと障子紙を張った状態で張替えるため、広いスペースも必要になります。張替え作業には時間もかかります。そこで、専門業者に頼むことも検討してみましょう。障子の張替えをしてくれる専門業者なら、素人以上に手早くキレイに行ってくれます。和室がたくさんある家なら、一人で行うよりも効率的です。家から近い専門業者を探してみましょう。特に張り替えた方がいいのは穴が空いてしまっている障子です。ペットを室内で放し飼いにしている家庭では、いくら気をつけていてもペットに穴を空けられてしまうことがあります。同様に、小さなお子さんが居る家庭でもよくあることです。穴だらけの障子は見た目が汚く感じられ、そこにお客様を通すこともできません。また、障子紙は年月とともに黄ばんできたり、薄くなってきたりします。薄くなれば破けやすくなるので、ちょっとしたことで穴が空いてしまうこともあるのです。そんな状態になってしまったら張り替えましょう。張り替える時には天候に気をつけましょう。湿気の多い時ではピンと張った状態にならず、障子紙が湿気を吸収してしまいます。カラッと晴れた日に行うことがベストです。