Menu

室内が快適になります

作業員

便利な機能が付いています

西洋の文化が入ってきてから住まいの間取りは洋風に進化してきています。しかし、一軒家の間取りを考えたとき、和室の存在価値は今でも引き継がれています。和室は畳や襖、障子といった日本ならではの伝統建具で構築され、心を落ち着かせる空間を提供してくれます。何故このような日本建築具が今でも残っているかというと、見た目の美しさだけでなく、それぞれの優れた機能性が存在しているためです。中でも障子は年末になるとどこの家庭でも張替えをして、その機能性を向上させています。障子を張替えると、住みやすい環境が向上します。障子は和紙を張ってありますが、この和紙の構造が日本の風土に必要な材質になっています。和紙は日本の湿度の高い気候に合わせて調湿機能があります。湿気の多い時期には室内の湿気を和紙が吸収し、カビが生えるのを軽減したりじめじめした環境を整えてくれます。また、乾燥するシーズンでは湿気を取り込んだ和紙が室内に潤いを与えて、風邪をひきにくい環境にしてくれます。そのため和紙は表面が劣化して定期的に張替えが必要になります。障子紙は湿気と共にハウスダストやダニやノミなどを吸収してくれます。そのため張りが失われて見た目にも汚れていきます。吸水性能も落ちてくるので定期的な張替えが大切になります。もし自宅の障子を長期間張替えていなかったら、せっかくの効能が台無しです。和紙特有の光を優しく取り込む採光性も落ちてしまいます。まずは張替えを行い、和室の環境を向上させましょう。